通販で実印を購入するときの注意点

通販で実印を購入するとき、そのお店が信用できるかどうかを確認してください。確認方法としては、「特定商取引に基づく表記」がきちんと表記されているかや、サイト内外に利用した人たちのレビューやクチコミがされているかなどです。レビューやクチコミも良いものばかりを集めて載せているのではなく、辛い評価も同列にのこされているお店ならば信用できるでしょう。また実印は認印や銀行印のように読み易く分かり易い印鑑と異なり、不正を防ぐ為にも篆書体や太枠篆書体・印相体などの複雑な書体で作成することが必要です。自治体によっては実印のサイズに決まりがある場合も、作ってから登録できないのでは困るので事前に役所や役場のホームページなどで確認しておくことと失敗せずに済みます。

通販でも素材にはこだわることが重要

印鑑登録をする場合、耐久性が重視されます。当然プラスチック製の印鑑では、耐久性が低いために認めてもらえません。素材として使われるのは、象牙や黒水牛・オランダ水牛などです。最近では、チタン製の印鑑が人気です。その理由は象牙よりも強く、彫られた印影がはっきりときれいに出ることと、水洗いが可能で手入れのし易さもあります。書体も太枠篆書体という枠を太めに取り、文字の線は繊細に細くした書体がすっきりとして見えることから、女性にとても好まれています。印相体も篆書から派生した文字で、縁起の良い持ちといわれます。印鑑登録をする場合、姓や下の名前だけでも認められますが、できる限りフルネームにすることをおすすめします。なぜなら偽の印鑑を作り難くするために、安全のために独自性を高めておく必要があるからです。

紛失して同じものを作っても認められない

印鑑登録した印鑑を無くしてしまい、同じものを通販で作ったとしても同様には使えません。この場合は、無くした印鑑の登録を一度役場で末梢してもらい、もう一度新たに登録をする必要があります。登録をするならば必要となる日に完了しているように、印鑑の作成日数だけでなく注文する日や手元に届く日にちまでも考慮して購入してください。印鑑を手彫りするお店では印影の確認などが行われ、納期がずれることがあります。必要となる日にちゃんと使えるように、印鑑登録の手続きも一度では完了しないので時間の余裕を持って注文するようにしてください。一度で登録を完了させるためには、パスポートや免許証など顔写真の付いた身分証明書を忘れずに携帯していることです。また申請書は自治体のホームページから印刷できますので、書き込んで持参することをおすすめします。