実印の通販業者を選ぶときのポイント

実印とは自分自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを印鑑登録申請し、受理された印鑑のことをいいます。そのため、100円ショップなどで購入したいわゆる三文判と言われる安価ハンコでも登録申請が受理されれば大丈夫です。ただし、他のハンコとは異なり法律上・社会上の権利・義務が発生するものですので、誰でも手に入れられる三文判は避けた方が無難だと言えます。そのため、多くの方は特別なハンコを作り、登録を行います。そして、普段は使用せず、公的な文書など重要書類の押印にのみ使用するのが一般的と言われています。それではどこで購入できるのでしょうか。実印を購入したいと思った場合、選択肢は2種類あります。それはネットでの購入と店舗での購入の2種類です。どちらの方法が良いのでしょうか。

実印を通販で購入することについて

どちらの方法が良いか考えた場合、何を目的にするかによって変わってきます。昔は、印鑑は地元にある印鑑屋さんで作成する方法が一般的でネットで購入はしませんでした。店舗での購入は、実物を見ることができるというメリットがあります。水牛や琥珀の素材を用いる場合は模様が1つ1つ異なるため現物を見て決めたい方にはおすすめです。ですが、その分、値段が高いというデメリットがあります。これに対してネットで購入するメリットはなんといっても、店舗で購入する場合に比べて値段が安いという事があげられます。その上、現在はネットでも店舗と同じレベルの商品が購入できますので安全性も確保されており、安さを重視する人にはネット購入がおすすめです。現在はネットで購入される方も多いため、様々な業者がネット上で営業を始めました。

どのような業者を選ぶといいのか

とはいえ、通販サイトの中でどの業者を選ぶと良いのか迷う方も多いと思います。数多くあるサイトの中でどの業者に頼むか選ぶうえで一番重要なポイントは、デザイン重視にするのか、コスト重視にするのかという事です。デザイン重視であれば職人の手掘りによる専門のサイトを選ぶ方が良いと言えますがコスト重視であれば機械掘りでも十分だと思います。また、出来ればその業者独自の付加価値があり他社にはない価値がある業者を選ぶのが良いと言えます。例えば、素材を1つ1つ確認できる業者であったり、何年間か製品保障がついている業者を選ぶと他にはない価値があるので良いです。重要な取引や契約などに使われるものですので、偽造されにくく、長持ちするものを購入できる業者を選ぶのが重要なポイントです。